2018年07月26日

「aranami」 

今回、弊社(気仙沼市 臼福本店)と同じく遠洋マグロ漁業を営んでおります

岩手県宮古市の浜田漁業部さんが発行している。




「aranami」を只今2階食事席に設置しておりますので、ご紹介させていただきます!!




こちらの冊子には【遠洋マグロ漁船、海上で過ごす10ヶ月】

のサブタイトルで遠洋マグロ漁や漁船乗組員などの説明が書かれております。




普段、馴染みの無い世界をこの冊子にてご堪能いただける事と思います。




半世紀に渡り、遠洋マグロ漁を続けております浜田漁業部さんは




代々継承されてきた「清福丸」で世界各地を巡っております。




私たちの食卓にならぶ新鮮なマグロ




どんな人達が




どんな場所で




どんな方法で、漁をしているのだろう?




そこには知られざる漁師たちの




たゆまぬ努力とマグロにかける想いがあります。




冊子の目次には

・「清福丸」クルーの紹介




・「清福丸」漁船での生活の様子




・まぐろの漁獲水域について




・第六十八清福丸 下野漁撈長インタビュー







下野漁撈長インタビューでは「捕れても、捕れなくても、一喜一憂しない」




焦ってはいけない、捕れなかったときは「ああ、ああだめか」であっさりと終わり。

いい時は「おお、魚きてるな」で終わり。

つきが大事。運もあるでしょうと話しておりました。




また、深刻な後継者問題、みんな年を取っていくから、

後継者を育てなきゃならないと意識しております。




航海中は家族のことは考えないと文中話しておりましたが、

出港と入港の時は家族のことを考えるとあり・・・




10ヶ月に及ぶ航海の中で「家族と一緒にいれる時間が一番嬉しい」と話しており一緒に過ごすことができるわずかな時間を楽しんだ後、家族に見送られながらまた10ヶ月の漁にでております




クルー全員が家族と離れて生活をし、荒波の中、安心・安全で美味しいマグロを提供できるように頑張っております。







ご来店の際はぜひご一読いただければ幸いです。




また、冊子の数に限りはございますが、

持ち帰り希望の方はお気軽にスタッフにお声がけください。




タカハシ




Posted by 松島さかな市場スタッフ at 18:44│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「aranami」 
    コメント(0)